パーソナルカラーとは?

129view

パーソナルカラーとは?

《パーソナルカラー》って知っていますか?最近だとSNSや雑誌でもよく見るこの言葉。聞いた事あるよ~と言う人も多いと思います。

簡単に説明するとパーソナルカラーはその人の持っている色=《肌・目・髪の色》から導き出されるその人の個性を引き立てる色の事。つまり「似合う色」の事を言います。

パーソナルカラー=似合う色を知っていると生まれもった自分の魅力を最大限に活かす事ができます。

特に、30代になると肌の悩みやお洒落に着飾る方法が今までと同じだと違和感が出てきまませんか?

ママになった女性は生活スタイルや価値観もガラッと変わる為特に違和感を感じ易いと思います。

今までのメイクやフアッションだとなんだか違うなと違和感を感じていたり、そもそも美容やフアッションに迷子になっている人には自身のパーソナルカラーを知る事で得られるメリットは大きいのです。

パーソナルカラーを身に着けると起こるメリット

パーソナルカラーの効果を最も感じられるのが洋服です。

特にレフ版の役割を果たすトップスの色はパーソナルカラーを取り入れるとプラスの効果が確実に得られます。

パーソナルカラーをフアッションやメイクで取り入れた際のメリットをいくつか上げてみます。

メリット①顔や肌のお悩みが緩和されて見える

⭐️顔色が明るく、血色良く見える

⭐️クマ、シミ、そばかす、肌の赤み等の肌トラブルが緩和して見える

⭐️目鼻立ちやフエイスラインがくっきり立体的に見える

⭐️目や肌に艶が増し生き生きして見える

⭐️男性の場合は髭そりの跡が目立ちにくく見える

メリット②フアッションに大きく活かされる

⭐️垢抜けた印象になりそれだけでオシャレに見える

⭐️洋服やコスメ、ヘアカラー等の色選びで失敗しなくなり、結果無駄買いがなくなる

⭐️自分の似合う軸を知っている事で、似合わない色を似合わせる方法も見えてくる

⭐️なりたいイメージに合わせてメイクやフアッションを楽しむ事ができるようになれる

メリット③マインドも変わる

⭐️自分のメイクやフアッションに自信が持てるようになる

⭐️似合う=失敗しないと解っているだけでコスメ等を購入した時の満足感・充実感が数倍アップする

⭐️メイクやフアッションにワクワクできるようになる

いかがでしょうか??

パーソナルカラーに少し興味が出てきた人は、ここから先のもう少し深いお話にもお付き合いいただけると嬉しいです。

イエベ・ブルベとは。

近年はパーソナルカラーが本当に大流行しているので、SNSや雑誌でもパーソナルカラー・イエベ・ブルベと言うワードを目にしますよね。

イエベ=イエローベース

ブルベ=ブルーベース

の意味で、パーソナルカラーは肌のアンダートーン(肌の奥に潜む色)を黄みか青みかでまず分けるところから始まります。

なんとなく日本人は黄色人種だからイエベが多いのかな?と一見すると思いがちですがそれは違います。

肌色が黄みがかって見えていても肌の奧に潜むアンダートーンがブルーの人もいますし、その逆の人もいます。

イエベの人は黄みを帯びた色によってより輝く人

ブルベの人は青みを帯びた色によってより輝く人

イエベタイプの人はアンダートーンに黄みを含むカラーアイテムが似合いますし、ブルベタイプの人はアンダートーンに青みを含んだカラーアイテムが似合います。

例えばイエベが似合う緑は黄緑、ブルベが似合う緑は青緑と言う事です。

全ての色がイエベ・ブルベに分類分けが出来るので、イエベタイプに似合う青もあるしブルベタイプに似合う黄色もあります。

4シーズン分類法

イエベ・ブルベが理解できたら次のステップは4シーズン分類法です。

イエベカラー、ブルベカラーを4つのタイプに分類し、その名称に春夏秋冬を当てはめたものが4シーズン分類法です。

色をイエベ・ブルベで分けた後に、鮮やかさ・明るさ・清濁さ(濁っているか澄んでいるか)で分けると以下のようなグループができます。

おだやか=濁った

イエベカラーで 明るい・鮮やか・澄んだ色をスプリング

イエベカラーで 濃い・深い・おだやかな(濁った)色をオータム

ブルベカラーで 明るく・ソフトな(濁った)色をサマー

ブルベカラーで 鮮やか・濃い・深い色をウインター

一言にイエベカラーと言っても無限にある為、イエベ・ブルベカラーの中でもよりその人が似合う色を見つける為に4つのパターンにパーソナルカラーを分けて分類しています。

この4シーズン分類法が今現在の日本で一番主流となっているパーソナルカラーの考え方です。

無数にある色の中から、その人が似合うカラーの傾向を見つけ出せるのがパーソナルカラー診断です。

パーソナルカラーの診断方法

パーソナルカラーの診断方法は必ず対面で行います。100枚以上あるドレープと呼ばれる布をあてて診断をして行きます。

最近ではネット上でクイック診断ができる物もありますが、正確な診断はネットや遠隔では不可能です。必ず対面で、肉眼で診断をしてもらう事をおすすめします。

又、パーソナルカラー診断にはいくつか流派みたいなものが存在していて、流派によって少しずつ考え方(結果も?!)が変わって来るようです。

4シーズンより明確に自分のパーソナルカラーが解る16分割法もある

今回はパーソナルカラーの基礎として4シーズンまでを書きましたが実はその先を行く16分割法(16タイプメソッド)があります。

私は学生時代に4シーズンを学び、そこからパーソナルカラーを意識して10数年生活しましたが腑に落ちない点がありました。

しかし16タイプに分割されたメソッドまでを学び直したらその悩みは解決。

長くなるので16タイプメソッドに関してはまた別で書きにきますね。

ヘアメイクとしてパーソナルカラーに思う事

今回パーソナルカラーについて簡単にまとめてみましたが、パーソナルカラーはあくまで《似合う色の軸》を見つける為のものです。

似合う色を限定してしまう事ではありません。

私はヘアメイクとして活動している中で様々な方に出会うのですが、パーソナルカラー診断後、色に縛られすぎて似合わせの幅を狭めてしまっている人にたくさん出会ってきました。(それが悲しくて16タイプメソッドを学ぶ事になるのです)

それくらいパーソナルカラーって理解する事、自分自身に落とし込むのが難しい理論でもあるのです。

パーソナルカラー別に仕分けされたコスメ紹介もSNSでよく見かけますが、ヘアメイクとしては、なんだか悲しい気持ちになってしまうのが正直な気持ちです。

パーソナルカラー理論では似合わないとされる色でも、工夫次第で似合わせる事は可能です。色の可能性やその人の可能性を狭めてしまいたくないんです。

全ての人にパーソナルカラー診断が必要とは思いません。

私はカラーリストでもありますがその前にヘアメイクとして、その人の「好き」や「なりたい」にも寄り添いたいと思っています。

パーソナルカラー診断はメイクやフアッションを「自分でどうしたら良いか分からない」と困っている美容迷子さん、フアッション迷子さんの為に活用するのが良いと思います!

当サロンでは、パーソナルカラー診断に来て頂いたレッスン生徒様にカラータイプに合わせるだけでなく、「好き」や「なりたい」までを考慮してコスメの選び方までをレクチャーしています。

似合う色の軸を知る事で、今までよりも色を楽しめるようになる事を目標にしています。特に日本人は色に対して抵抗感のある人が多いですし。

パーソナルカラーを活かす日もあるし、好きを軸にしてメイクやフアッションを楽しむのも良いのです。

「似合うを知りたい」「好きな色を自分に活かす方法が知りたい」「客観的に自分をよく見せたい」「コスメや洋服選びに迷いたくない」

そんな方にパーソナルカラー診断はおすすめです!

パーソナルカラーに関してはまた少しづづ、ヘアメイク的視点を交えて書いて行きたいと思います。

メイクと色の魔法でママの毎日をもっと楽しむ!

はね あさみ
はね あさみ

明日からのメイクをもっと楽しく!
現役ヘアメイクアップアーティストが忙しいママの為にメイクとパーソナルカラーの楽しみ方を伝授しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします