【聞くだけでメイク上手になれる】ちょっと深い美容の知識をお家時間が長いママにお届け。

119view

とってもお久しぶりの投稿になってしましました。

世間はコロナウィルスによる大変な世界情勢になってしまいました。

自粛期間で自宅時間がものすごく長い。何かを買ったり、着飾って出かける場も無い今の時間、皆さんはどうお過ごしですか?

心穏やかにはなかなか過ごせない日が続きますが、私に出来る事は変わらず美容の知識をお話しする事。

とは言え、この状況下に呑気にコスメの紹介をする事は気が引けます。

なので、この時間はより深い美容の知識をお届けできればと思います。

知っていると役に立つ美容のあれこれ。ちょっと深い美容話。

あまり難しい話ではなく、聞き流し程度にインプットしてもらうと良いかな〜と言うお話しです。

普段は、美容師やヘアメイクの卵ちゃんたちにお話ししている内容になるのかも。

あえて語られる事は少ないけれど、実はけっこう深くて大事な美容のお話を更新して行きます。

下地についてちょっと深く考えてみる。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

加工なしメイク💄ママヘアメイクはねあさみ(@_room.moi)がシェアした投稿

【下地ってなんで使うの?】考えてみた事ありますか?

今改めて自分に聞いてみて下さい。

胸を張って答えられない人が9割だと思います。

それは毎日のメイクが流れ作業になりすぎているからだし、今まで誰もメイクを教えてくれなかったから。答えられなくて当然です。

でも毎日が忙しいママのタスク化されたメイクに【意味をもたらす事】は大事です。

下地を塗る、アイラインを引く、アイシャドウを塗る。それぞれの工程の意味を理解する事で、確実にメイクの充実感が生まれます。

さて話を戻して、

ママのデイリーメイクで大事な下地の役割は肌を保護する事。

その上で自分のなりたい肌【例えばみずみずしいつや肌、公園遊びで崩れないキープ力のある肌、ふんわり優しげなマット肌など】どんな肌を演出したいかで選んで行きましょう。

因みにプロの現場では…

下地をあえて使わない場合もあります。

それは下地に肌の保護や質感の変化を求めない時。そんな撮影だったりシーンだったりがあるから。

下地を使う事を嫌うプロもいます。

プロと素人メイクの差は意味と目的を持って行うかどうかの差にあるのかも。

おうち時間を有効活用

正直な話、おうち時間が長くて毎日すっぴんで過ごすそこのお母さん!

何を隠そう私もその1人なので…こんな時は、肩の力を抜いてインプットの時間にしてみましょうね。私はこのブログでアウトプットの時間にします。

【聞くだけでメイク上手になれるちょっと深い美容知識】はインスタグラムと連動して更新して行きますのでインスタのチェックも宜しくお願いします!

ブログの方がより深い話、業界の裏話交えてお話しして行きます☆

はね あさみ
はね あさみ

明日からのメイクをもっと楽しく!
現役ヘアメイクアップアーティストが忙しいママの為にメイクとパーソナルカラーの楽しみ方を伝授しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします