コンシーラーを使っても消えないクマはどうしたら良いですか?【メイクのお悩み相談室】

21763view

こんにちは。ヘアメイクアップアーテイスト兼カラーアナリストのはねあさみです。

先日インスタグラムにお悩み相談のDMを頂きました。

30代主婦の方のお悩みを共有させていただきます。

【お悩み】目の下のクマがコンシーラーを使っても消えません

「目の下のクマが昔から気になっていて、疲れてる顔に見られます。
コンシーラーで隠しているつもりなんですがうまくカバー出来ているのかわかりませんクマの種類に合わせて色があると聞いたのですが良く解らなくて….。」 
インスタフォロワーさまより

勇気を出してご質問くださりありがとうございます。

目の下のクマに関する悩みは10代の若い世代からシニア世代まで、幅広い年齢で共通する悩みでもありますね。

私も、18歳の時にクマが出現して、それからメイクをきちんと学ぶまではどうやってもカバーすることができず、とてもとても悩みました。(今思えば当時ピチピチな10代の悩みなんてかわいいものですが、その時は本気で悩んだし、落ち込みました。)

今回のお悩みのポイントをまとめると

「疲れてる顔に見られる」

「コンシーラーを使っているが、カバーできているかわからない(つまりカバーされている実感がない)」

「クマの種類、コンシーラーにも色があると聞いたよくわからない。」

この3つがお悩みの軸ですね。

これらのお悩みから見えてくる解決策を探して行きましょう。

結論から言うと、この方の場合はコンシーラーの色選びでお悩みが解決するはずです。

疲れ顔に見られること、カバーできている実感が無いことを踏まえても、おそらくコンシーラーの色選びが間違っています。

今回は目の下のクマ隠しに適したコンシーラーの色選びと、クマの種類などについても解説していきます。

目の下のクマに使ってたらNGなコンシーラーの特徴

「コンシーラーを使っているのに上手くカバーできている実感が無い」人の多くは、以下のようなコンシーラーを使っていることがほとんどです。

肌色で、カバー力が高すぎるもの

目の下のクマが消えない理由の画像

ほぼファンデーションと同じような色で、ボテっとしたカバー力だけ高いコンシーラーは、目の下のクマには適していません。皮膚の薄い目元に使うと、時間がたつとかえってクマが目立ってきてしまいます。

コンシーラー初心者さんが陥りやすい失敗の一つです。

白っぽい(明るい)コンシーラーを使っている

目の下のクマが消えない理由の画像

ご自身の肌色より明るく、白っぽいコンシーラーも実はNG

黄色っぽかったり、ピンクっぽいものもも肌より白いトーンのものはNGです。

塗ってすぐはパッと明るく見え、「いい感じ」と思うのですが、次第に目の下がグレーっぽく変化してきます。

肌が明るい人や、エイジンングが気になる世代が陥りやすい失敗例です。

NGコンシーラーを使うことで、お疲れ顔は加速します

今回のお悩みの一つに「疲れた顔に見られます。」と言うのがありました。

疲れた印象に見られやすい方の特徴は、顔色が悪いこと。

実際のお顔を拝見したわけでは無いので予想ですが、おそらく元々顔色にあまり血色が無いタイプの方で、さらに上記のような間違った色のコンシーラーを使うことで余計に顔色が悪く見えていたのではと思います。

目の下のクマにはオレンジ色を使えばOK

本題と結論です。

目の下のクマにはオレンジ色のコンシーラーを使ってください。

とにかく悩んだらまずオレンジ色🍊

肌色問わず、イエベブルベ問わず、まずオレンジ色です。

目の下のクマに効く、オレンジ色コンシーラーの画像
オレンジ色のクマ用コンシーラー達

青グマ・茶グマにもオレンジ色でOK

相談者さんの質問にあった「クマの種類に合わせて色があると聞いたのですが良く解らなくて…」と言う質問に関してですが、クマの種類は気にしなくてOKです。

私が今まで3万人以上にメイクしてきた経験を元に言えることなのですが

「くすみが原因の茶グマにも、血行不良が原因の青グマにも目の下のクマにはとにかくオレンジでOK」です☺️

目の下のクマをオレンジ色コンシーラーでカバーしている画像

なんでクマがオレンジで隠れるの?

オレンジ色は、黄みよりの肌に血色感を補う色としてベストだからです。

寝不足や疲れが原因の青グマも、加齢や日焼けなどが原因の茶グマも、基本的には血色を補うオレンジ色が万能です。

画像加工なし。目の下のクマをカバーした画像

クマにピンクや黄色はウソなのか?

「雑誌やコスメカウンターでおすすめされているピンクや黄色のコンシーラーはウソなのですか?」

と思った人もいるかと思いますのでこちらもお答えいたします。

ウソではないのですが…ピンクや黄色のコンシーラーってどれも肌色よりかなり明るい、白いんですよね。

目の下のクマに選びがちな失敗コンシーラー画像

黄色やピンクはオレンジ色でクマを一旦カバーした後に、肌色とつなげる色として使うのが正解です。

ハイライト的に使うとても綺麗です。下に画像で解説して行きますね。

オレンジ色コンシーラーを使ったクマ消し方法

オレンジ色のコンシーラーをゲットしたら以下のような感じで使って見てください。

目の下のくすんでいるところを良く見てから、くすんでいる場所にまんべんなくオレンジをのせ、なじませます。

上まぶたも忘れずに。

目の下のクマの隠し方



よりクマをカバーする。ピンクやイエローコンシーラーの使い方

よりクマをカバーしたい場合のHOWTO画像
ピンクや黄色、明るい色のコンシーラーは目の下の三角ゾーンにハイライトとして使うのが正解です!

今回のお悩み相談まとめ

最後に今回のまとめです。

「目の下のクマが昔から気になっていて、疲れてる顔に見られます。コンシーラーで隠してもうまくカバー出来ません。クマの種類に合わせて色があると聞いたのですが良く解らないから教えて下さい。」

目の下のクマが気になる人はまずオレンジ色のコンシーラーを使ってみてね!

多忙極める30•40代女性はメイクで補正しないと皆お疲れ顔になってしまいます。

特に、赤ちゃんを抱えるママの寝不足は避けられない深刻な問題ですよね。

上手くメイクを利用して、忙しい日々でも前向きな気持ちで過ごしてもらえたら嬉しいです。

正直、クマを上手にカバーできると、ファンデーションを塗るよりも簡単きれい度がアップするはずですよ。

おすすめオレンジコンシーラーは次回ご紹介します。

ではでは。最後まで読んで頂きありがとうございました。

メイクと色の魔法で多忙な女性たちの毎日が少しでも癒されて、楽しくなりますように🧚‍♂️

シミが「暗い色」のコンシーラーで消えない理由

「自分に合うコンシーラーがわからない」そんな人はまずはこれ

はね あさみ

明日からのメイクをもっと楽しく!
現役ヘアメイクアップアーティストが忙しいママの為にメイクとパーソナルカラーの楽しみ方を伝授しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします