湿気に負けない!ママでもできる簡単ヘアアレンジ教えます☆

96view

湿気に負けない!ママでもできる簡単ヘアアレンジ教えます☆

湿気の季節到来!湿気に勝てるヘアアレンジとは🌴

こんにちは〜〜🙂

2017年は桜が長〜く咲いた年でしたね🌸🌸🌸
しかし週末は雨も多くイマイチ満開の桜の下でお花見はできなかったわたしです。
残念…😓

しかし4月も中旬すぎれば陽気はポカポカ☀

お出かけしやすい季節になりました🍄

暖かい季節と言う事は日本はまもなく湿気のシーズンに突入ですね。

湿度が高くなると、真冬の砂漠肌から少しだけ開放されて

スキンケアも美白ものやごわつき対策系のものなど

見直しの時期に入っていて、私も春夏にむけてどんなスキンケアに今年は切り替えようか考え中です。
(また春夏オススメスキンケアは書きにきますね🌞)

話は戻って湿気と言えば、悩ましいのは髪の毛の様々な問題。

うねる
ひろがる
ごわつく

湿気の多い季節の髪型に悩まされる女性は多いですよね🐌

せっかく髪を巻いてもすぐに取れてしまう😭

なんて経験皆ありますよね
私ももちろんあります😞

そんな湿気と戦うのってものすごく大変です🌊

・ヘアケア製品の見直し

・スタイリング剤の選び方

・アイロンでの巻き方

などで巻きをなるべくキープすることはもちろん可能です。

しかし

どんな強力なスタイリング剤も
湿気と戦うのってかなり大変です💦

なので私は戦いません。

戦わずして湿気に勝ちます‼‼
湿気の日には まとめ髪🌴🌴🌴

 

これに限ります!

湿気に負けない最強ヘア=まとめ髪

と言うわけで、今日はこんな髪型を解説いたします♡

まとめ髪って言うとなんか古くさく聞こえますが笑

お団子ヘアです♡

ルーズ感満載なヘアアレンジですが、全部まとめてあるので湿気の多い日でもくずれないのです☆

そしてそんなお団子ヘアで今時に見えるポイント、簡単なのに手抜きに見えない作り方のhowtoを解説していきます🐬

今期のトレンド・おだんごHAIR💕

お団子ヘアって、簡単でかわいいですよね💗

今はブライダル業界なんかでも
お団子ヘアブームがきています。
つまりお団子ヘア=オシャレヘア(←言い過ぎ?!)

最近はラフなおだんごヘアーの事をメッシーバンと呼び、インスタグラム等でもよくみかけますね。

子供から大人まで取り入れることのできるヘアスタイルですが

子供を持つママとしては

子供とまるかぶりなお団子ヘアはNG🙅💦

子供っぽさを全面に出すようなスタイリングは
かえって老けて見えちゃいます(汗)

オシャレで、大人なお団子ヘアをマスターしましょう✨

自分にかける時間がなかなかとれない
#ママでもできる

をテーマに今回も解説していきます!!

では、#ママでもできる簡単お団子ヘア

howtoいってみましょー🐬🐬🐬

 

ラフで今時のおだんごヘアーのポイント🐌

 

お団子ヘアーと言っても、高い位置、低い位置、大きめ、小さめ、などいろんなバリエーションがあります。

今回レクチャーするおだんごヘアーは

時間のないママができる大人のお団子ヘアー

がテーマなので

ポイントその①

結ぶ位置は下め

位置は横からみた時に中間~下目に作る。

写真は中間くらいであまり低めにはしなかったバージョンですが、これからの季節は帽子をかぶって公園…なんてシチュエーションも増えるママの現実があるのでこれくらい低めもオススメ

 

ポイントその②

ルーズ感を出す

ただ結んだだけのお団子はNG!

ポイントその③

後れ毛をすこし残してみる!!
これだけでかなりこなれ感がでます。

以上3点を意識して作ります。

では待ちかねの簡単作り方↓↓↓

ママでもできる時短でオシャレなお団子へアーの作り方🌷

step1

ベース作りから。

今回はベースに巻きを少しだけ入れてより動きを出した仕上がりにしていきます。

とは言えとにかく時間が無いママ達。

ベースの巻きで最大限に時間を省くコツを教えます↓

この上の写真がベースの状態

まず、①毛先をワンカール(内巻きでも外巻きでも最悪なくてもok)

その後、②表面の髪の毛をアイロンで巻く

この表面だけ巻くって言うのが時短の最大のポイント!

内側はストレートのままでいいんです!!

※表面の髪を的確にわける方法※

一言に『髪の表面』といっても『どこまで?』

と思う方多いと思います。

なので詳しく解説しますね🙂💫

髪の表面だけを巻いた図
ここからウィッグの登場です

横から見るとこんな感じ

《表面の取り方は》

左右のこめかみあたりから

トップ部分をくるっと円形にとった部分

 

この部分が、頭を360度・どの角度から見た時にも表面として見える部分↑↑↑

そこを巻きます

美容師さんやヘアメイクの場合、ここをしっかりベースとして作っていくと思うのですが

セルフアレンジの場合はもっと簡単に!

ママでもできる時短のコツとは… ↓ ↓

※時短にするポイント※

《表面》としてとった毛束は放射状に広がっていくので、頭の丸みにそって放射状に5~6束くらいを巻くだけ

これだけです。

巻くのは5~6束のみ!

簡単ですよね??

これだけで結んだりしたときに動きのあるヘアアレンジができちゃうんです☆☆☆

ベースが巻けたらあとは超簡単です。

step2

おだんごを作りたい位置で髪全体を結びます。

このとき顔周りと、後れ毛を少す。

※この時はゆるく結ばずにしっかり結びます

step3

毛先はこんな感じでぴょーんとしたのを

ゴムのところに

まきつけて

(髪の長い人はここをみつ編みにしてから巻きつけるとかわいいですよ)

毛先までゴムの根元に巻きつけてきたらピンで留めるか、図の様にゴムの中に毛先を入れ込む

step4

そしたら仕上げで毛束をランダムに引き出していく

毛を引き出す時はランダムに、トップだけでなく耳横や首根っこあたり(ネープライン)も360度まんべんなく引き出します。

おだんごにした部分も

くずして

最後に顔周りと後れ毛を巻いて

完成です!!

 

低い位置のお団子ヘアーなので帽子もかぶれます☆

髪の短い人は後れ毛を巻かなくてもかわいくまとまると思います。

外ハネなんかもいいですね😊

雨の日など湿気がすごい日は後れ毛などは無しにしてもトップに動きがあるのでオシャレにみえます☆

スタイリング剤は髪を束ねる手前にワックスを全体にもみこむとまとまりも良く、毛の動きもきれいにでます☆

このhowtoでこのおだんごヘアも作っています。

この写真はストレートアイロンで巻きをつける波ウェーブでつくっていますが作り方は一緒。

 

いかがでしたでしょうか。。。☆

 

むずかしそうに見えるルーズなお団子ヘアですが

しっかりとポイントをおさえて作れば

時間がないママだって

オシャレなヘアアレンジができるんです☆

毎日が忙しくあっと言う間にすぎる中で

なかなか自分にかける時間ってないですが

あきらめずにママだってきれいをアップデートしていきましょう✨

 

hairやmakeのちからで

忙しいママの日常が少しでも

Happyで

Specialになれば嬉しいです🎁

次回のヘアアレンジのHowtoは

セルフ波ウエーブの解説にする予定です☆

またお時間がある際に見にきていただけるとうれしいです💕🐬💕

 

 

インスタグラムもよければフォローお願いします🙂

 

読んで頂きありがとうございました🙃💕💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はね あさみ
はね あさみ

明日からのメイクをもっと楽しく!
現役ヘアメイクアップアーティストが忙しいママの為にメイクとパーソナルカラーの楽しみ方を伝授しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします