ウ・ヨンウ弁護士になりたい人集合!パクウンビンのメイクを解説してみる

66view

久しぶりの韓国女優メイク解説です🐰(と言ってもまだ2回目)

過去の韓国メイク解説・キム秘書はいったいなぜ?パクミニョンメイク解説はこちら

今回は2022年夏に大ヒットしたウ・ヨンウ弁護士は天才肌の主演女優パクウンビンが可愛すぎることに感銘を受けた筆者が、ウ•ヨンウメイクを勝手に分析して勝手に解説してみる記事となっております。

彼女の魅力はなんと言っても透明感!!!

吸い込まれそうなふんわりした真っ白美肌が彼女の最大の魅力です。

「せめて、メイクで少しでもウ・ヨンウ美肌に近づけたら…..。」

「ドラマの中の彼女のように、ナチュラルだけど知的に見えるアイメイクってどうやってやるの?」

私のように、画面を見る度にそんな風に思っている人は絶対多いはず。

ウヨンウ弁護士にハマってしまったそこのあなたへ

普段のメイクをウ・ヨンウメイクにちょこっと変える為のH OW TOを今日は書いていきます。

一緒にウヨンウメイクを楽しみましょう🙌

ウ・ヨンウ役、パクウンビンのパーソナルカラー予測

メイク解説の前に、彼女のお顔の特徴や気になるパーソナルカラーについて

予測してみます。

※メイク有り、ライティング有り、加工処理された画像をみながら予想していますので、正確ではないです。あくまで予想ということのご理解をお願いします🫡

実際のパーソナルカラーはノーメイク、自然光下、専用の布を用いたドレーピング無しでは判別できません。

あくまでも今回私がドラマを見ていてそうかな?と思ったパーソナルカラーシーズンについて書いていますので、サラッと読み流してくださいね。彼女のパーソナルカラーを断定する記事ではございません。

パクウンビンは、イエベ?ブルベ?

私の予想だと、ブルベが優勢です。

とにかく「透明感」と言う言葉そのものな彼女。黄みを感じるベージュ系コーデより、スッキリした青系のコーデの方が、より彼女の透明感が増し、好印象。

メイクをしているので、実際の顔の色はわかりませんが、彼女は手の先まで真っ白です。

手の先まで透明感がすごいことがブルベさんっぽいのですねよね。

彼女は今年30歳。年齢を重ねても、手の先まで透明感を感じる白肌をキープしていることが何より素晴らしすぎます。

夏タイプ?冬タイプ?

ブルベさんだと予想すると、明るい柔らかな色が得意な夏タイプさんと、

はっきりと澄んだ濃い色が得意な冬タイプさんに分かれます。

画面越しに見ていると、どちらのシーズンにも似合う色がありそうだな、と言う感想。

ばっちりメイクされたお顔だと、濃い色の洋服も素敵に着こなしています。が、彼女のノーメイクの肌や色素を予想すると、

暗い色よりは明るい色の方が彼女の良さが引き立って見えそうです。

「ブルベ、明るい色が得意そう。」と言う訳で、夏タイプ優勢といったところでしょうか。

ちなみに、たぶん違うと思うシーズンはカーキやマスタードなど濃い黄み色が代表色なイエベ秋タイプ↓

秋カラーを着ている彼女はもはや別人のようです。

同じ黄みグループでも明るくフレッシュな春の色のメイクやファッションはアイテムによっては似合わせが出来そうな感じがします。↓

うーん…オレンジ系の髪色より、透明感のある暗めな色の方が彼女の色素には合っていますね。

パクウンビンメイクのポイント3つ

さてここから本題のメイクについて書いていきます。

ウヨンウ弁護士役のパクウンビンのメイクポイントは3つあります。

□ 青みを感じる透明肌ベース

□ 犬顔だけど目は猫目を生かすアイメイク

□ 寒色アイシャドウと暖色涙袋

これらをマスターする為のHOWTOとコスメを選んでみました。一つづつ解説していきます。

透明度MAX肌に。青みを取り入れる透明感ベース

吸い込まれそうな透明美肌は、ブルーのベースアイテムを使うのが鍵です。

私だったら、その人の肌の明るさや黄みの強さに合わせて青、青みの紫、青みのピンク、パールホワイトの下地・コントロールカラーを使いわけて作ります。

イエベブルベ問わず、元の肌が白めな人にはブルーを仕込む



ウヨンウ弁護士のように、元からお肌が白い人だったらファンデーションの前にブルーを仕込みます。合わせてホワイトパールも使うとさらに特別感のある肌に。


↑個人的にジルのこのホワイトパールの下地大好きです。最高⭐️

肌に黄みが有る人、標準的なアジア人肌の人は青みピンクか、ラベンダーをを使う




“青みピンク”や“ラベンダー”アイテムは、言葉にすると一括りになるけど実際の商品は色の出方がさまざまです。上記3点は私的にはかなり頼りになると感じているアイテム。

イエベブルベ問わず、標準的なアジア人肌の人はこのあたりのアイテムを使えば間違いないと思います。

日焼け肌さんには血色系ピンク+ホワイトパールで自然なトーンアップを目指す




黄みが強い肌、日焼け肌さんだって透明感は作り出せます。

オレンジに近いようなピンクのコントロールカラーを仕込んで、地肌を生かした透明肌を作る。ホワイトパールの部分使いも良いと思います。

ウ・ヨンウ透明感ベースを成功させるコツは、ハイライト使いも鍵

透明感肌を作る時に失敗しない為には、「下地だけ」「ファンデだけ」「ハイライトだけ」など1つのアイテムだけで透明感を仕込もうとしないこと。

下地から少しづつアイテムを重ねることで肌の透明度を上げていく。アイテムの繊細な重ね方がキモです。

おすすめマカロンカラーハイライト

透明肌作りの重ね技として私が実際にお仕事の時に活用しているのが、マカロンカラーのハイライトです。

白肌さんはパープル、日焼け肌さんは血色ベビーピンクカラーを選ぶと透明感が増大します。



【ウヨンウアイ】ちょっぴり猫目な清楚アイメイク

ウヨンウ弁護士のアイメイクの特徴の1つは超繊細な極細アイライン

黒のペンシルタイプのアイライナーを使い、アイラインをまつげの中を埋めるようにごく細く引いてからグレーのシャドウをブラシを使ってぼかすと画像のようなアイメイクになるはず。

ウヨンウ弁護士のアイメイクを真似してみた画像
ウヨンウ弁護士のアイメイクを真似してみた画像2

ドラマの中の彼女のアイラインの引き方は目尻より下げ気味・長め・垂れ目風な引き方。

ですが、彼女の目の印象は猫目🐱

よりウヨンウ弁護士の雰囲気に似せたい場合は目尻はキュッと上がって見えるようにアイラインを上げた方がそれっぽく見える人が多いかも。

ちなみに、犬顔の彼女が猫目に見えるのはなぜか?→→目頭がキュッとくの字になっていること、下瞼の目尻側がキュッと上がっているからかも。(勝手に分析)

寒色まぶたと暖色涙袋

アイシャドウは彼女の肌に溶け込むようにグレーっぽいベージュをベースに、マットな質感を選ぶと再現できそう。

上記画像で使用したアイシャドウ

下瞼だけは涙袋をふっくら見せる為にオレンジ系ベージュと明るめなブラウンで陰影を作るとさらにウヨンウ顔に近づけるはず。

上記画像で使用したアイシャドウ

韓国ドラマにハマってしまうのは、メイクの技にあるのかも?

ここまで長々と記事を読んでいただきありがとうございます。ここまで読み切ったあなたはきっと韓国ドラマ好きさんなのでしょう。仲間です😊🙌✨

韓国ドラマ、楽しいですよね。ストーリー性はもちろんですが、登場人物のメイクやファッションも見ていてとても楽しい。

韓国の俳優さんや、ヘアメイクさんの作品作りに対する熱量が、ドラマを見ていると伝わってくるような気がしています。

だから、思わず見ていて「真似したい。」と思ってしまうんだろうなぁ。

ウヨンウ弁護士もその一人。彼女のキャラクターにも、メイクにも好感が持てました。

同じアジア人なのに、日本と韓国ではやっぱりメイクやヘアの魅せ方、作り方が違う。だからこそ見ていて楽しいのかな。

今回、インスタグラムの方にウヨンユメイクHOW TOのリールを作って出してみたんです。

アラフォーおばさんの私が、ウヨンウ役のパクウンビンのメイクを真似するなんて、、、批判の声が聞こえてきそう😅って思って出すの怖かったです。

でも、「かわいい。」「真似したい。」って気持ちを持つこと、

憧れの人のメイクやファッションの真似をしたり、要素を取り入れることに年齢制限なんて無いはず。

40代が20代のメイクを真似したり取り入れたって良いよねって思うから勇気を出してアップしてみました。

大事なのは、憧れのメイクやファッションを全て真似るのではなく、自分でも取り入れられそうな要素を見つけて取り入れてみる。チャレンジしてみる。

そういった要素を見つける手がかりになったら良いなって思ってこの記事を書きました。

「可愛くなりたいけど自分には無理。」と心の奥から湧き出てくる声には蓋をしちゃいましょう。

いくつになっても

ちょっとだけ真似っこメイクは楽しい。

そんなことに最近久しぶりに気づかせてくれた韓国ドラマに感謝です。

自己満記事にここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

リクエストあればインスタからメッセージくださると喜びます💓

最後まで読んでいただきありがとうございました。

インスタのストーリーではリアルタイムで韓国メイクについて解説してみたり呟いてみたりしていますので、是非フォローもよろしくお願いします。

はね あさみ

明日からのメイクをもっと楽しく!
現役ヘアメイクアップアーティストが忙しいママの為にメイクとパーソナルカラーの楽しみ方を伝授しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします