パーソナルカラースプリングとウインターの共通点

88view

パーソナルカラーが大流行中で、自身のカラータイプを知っている人も増えてきましたね。

今日はそんなパーソナルカラーを少し知っている人、診断を受けた事がある人がより知識を深める為の記事を書きます。

パーソナルカラーを知らない人も、似合う色を見つける時の基準の一つを紹介しますので是非最後まで読んでみて下さい。

スプリングとウインターの共通点

パーソナルカラーのスプリングとウインターは一見すると全く違うタイプに見えますが実は共通点が有ります。

それは、【澄んだ色】で構成されるグループと言う事です。

澄んだ色とは?

澄んだ色とはつまり、混じりけの無い色の事。

濁っていない、くすんでいない色です。。

混じりけの無い色は純色、清色と呼ばれます。

純色と清色

真っ赤、真っ青などのイメージが純色です。赤でも一番彩度の高い赤(原色をイメージするとわかりやすいかな。)を純色と言います。

真っ赤な純色に少しだけ白を混ぜると柔らかな赤(彩度が少し下がる赤)になりますね。

純色に白、又は黒を混ぜた色を清色と言います。

どちらの赤も澄んだ色です

純色と清色のみで構成されるシーズンがスプリングとウインターです。

この2つのシーズンは澄んだ色のみで構成されると言う共通点があるのです。

澄んだ色の反対は濁った色(濁色と言います)

澄んだ色のイメージをしやすい様に、反対の濁った色のお話も少し。

澄んでいない色、つまり混じりけのある色を濁色と言います。グレーが濁色の代表色です。グレイッシュな色、所謂くすみカラーは濁色です。

上がイエベカラー下がブルベカラー

澄んだ色をパーソナルカラーに持つ人は、艶がある人

スプリングとウィンターの人は共に肌や髪、瞳に艶があるのです。元々艶を持っています。

元々艶がある人だから、艶のある色(澄んだ色)やアイテムを身に纏う事でより自身が輝きます。

澄んだ色をパーソナルカラーにお持ちのお客様事例

写真のお客様は当サロンのレッスン生徒さんです。

目の輝き方の変化が一番大きいのですノーメイクの為掲載できず残念…。

ブルーベースで明るい色が得意な方なので画像で当てている色はどちらもお似合いなのですが、より透明感のある澄んだ色を当てた方が肌と髪の艶がより反応しています。肌が明るく綺麗。肌に艶が出る事でお顔がリフトアップして見えています。髪の色も少し違って見えるのは髪の艶感が増したからです。

澄んだ色=肌や目や髪の艶感をより引き立ててくれる色

澄んだ色が得意な人はキラキラとした質感が得意なので、キラキラ輝くアクセサリーも積極的に取り入れると◯メイクも艶が良く似合います。

パーソナルカラー診断の16タイプでは、その人の得意とする色みだけでなく、質感までを診断して行けます。

スプリングやウインターの人は澄んだ色が得意で、澄んだ色を身に纏うと瞳や肌がキラキラと輝き出します。目は特に反応するパーツなので、澄んだ色が得意な人は目力に注目してみて。

お洋服を試す際は、色による瞳の輝きチェックを是非してみて下さいね。

カラコンに頼らなくても、アイメイクをしなくても色の力で目力アップが叶うかも?!

その人自身を輝かせるパーソナルカラー、気になる人は是非サロンへお越しください。

小さなお子様連れでも診断可能です。

自分にかける時間の無いママにこそ、綺麗になる近道のパーソナルカラー診断はおすすめですよ!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

はね あさみ
はね あさみ

明日からのメイクをもっと楽しく!
現役ヘアメイクアップアーティストが忙しいママの為にメイクとパーソナルカラーの楽しみ方を伝授しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします