ベージュが似合わないのはどんな人?似合わせのコツも解説します【ファッション&メイク】

305view

「ベージュが苦手なんです。」

「トレンチコートを着たいのになぜか私が着ると最強に似合わない。」

「ベージュを着ると野暮ったくなってしまう気がする。」

「赤やピンクより肌に馴染むベージュメイクがしたいけれど、自分でコスメを選ぶと失敗してしまう。」

そんな悩みがある人に読んで欲しい。

「ベージュが似合わない。」と感じる理由をパーソナルカラーの視点で解説し

解決方法をカラーアナリスト&メイクさん視点でお伝えします。

「似合わないから。」と諦めるなんてもったいない!

ベージュの特徴

まずはベージュってどんな色?って言うのを簡単に説明します✏️

ベージュは、白に黄もしくはオレンジを少しまぜた色

もしくは白に茶色を混ぜた色です

ベージュの説明画像1

イエベかブルベかで分類するとイエベにになります。

明るい色か暗い色かでみていくと明るい色です。

ベージュの説明画像2

ベージュが似合わない人の特徴

黄みが苦手やタイプ

「ベージュの洋服を着ると顔色がくすむ気がする」

顔色が悪く見える

そんな人は「ベージュの黄み」が苦手な可能性が高いです。

パーソナルカラータイプでみると、特に黄みが苦手なブルベさん(クールサマー\クールウィンター)に多い悩みです。

解決策

解決策は黄みを感じるベージュはさけて、ピンク味を感じるピンクベージュを選ぶこと。

ピンクがかったベージュを選べば顔色が安定します。

メイクではピンク・ラベンダー系の下地を使って肌色の透明度を上げるとより黄ぐすみ問題を回避できます。

ベージュの黄みが苦手な人の対策方法
ピンクベージュ&ピンク系下地を使うイメージ画像

明るい・淡い色が苦手タイプ

「ベージュを着ると顔がぼやける

「なんだか野暮ったく見える

「なんとなくメイクを濃くしないとしっくりこない。」

そんなお悩みの人はベージュの「明るさ(淡さ)」が苦手なタイプです。

パーソナルカラータイプだと淡い色や明るい色が苦手なディープウィンター/ビビットウィンターさんに多い悩みです。

解決策

明るいベージュではなく、茶色に近い濃いめのベージュを選ぶこと

(できれば黄みもあまり強くない方が○)

また、黒や茶などはっきりした色のカーディガンを羽織るなど、顔回りでメリハリ配色を意識することでぼんやり顔にならずにベージュを着こなせるようになります。

メイクだとリップの色をしっかり塗る、も簡単にメリハリ配色になるので良いです。

ベージュの明るさ・淡さが苦手な人の対策方法
濃いめのベージュを選んだ画像

ベージュメイクを成功させるポイント

最後に、ベージュを使ったメイクのコツを一つお伝えします。

目元と肌には艶感をたっぷりと

イエベでもブルベでもベージュアイテムのコスメを使う時のポイントはです。とにかく艶。

普段よりも煌めき感の強いアイテムを思い切って使うのがポイントになります。

特に、アイシャドウと肌の艶はマストです。

私がプライベートでもお仕事でも良く使うアイテムを載せておきます↓

おすすめ艶コスメ【ヒンスのハイライト】


おすすめ艶コスメ【ズーシーリキッドシャドウ】


ブラウンや黒のアイライナー、マスカラで引き締める

陰影の少ない私たち日本人の顔は、ベージュだけだとどうしても顔がぼんやりしてしまいます。

ベージュメイクの時こそ、実は濃いブラウンや、黒の出番。

アイラインナーや、マスカラ、アイシャドウの締め色にはっきりした色を使うことでメリハリ顔に。

顔馴染みがよく不器用さんでも使いやすいブラックアイライナー&マスカラ


チークorリップにだけ赤みを添える

テレビや広告で目にするヌーディーなベージュメイクは、ファンデーションや下地を多色使いすることで自然な立体感や血色感を表現します。

ですが、私たちのデイリーメイクで再現するのはハードルが高すぎ。

そこで、おすすめなのがチークかリップのどちらか1点のみ赤み(オレンジ味でも)をプラスすること。

イエベ春、ブルベ夏はチークで

イエベ秋、ブルベ冬はリップに赤み色を添えるとより失敗が少ないと思います。

ベージュメイク失敗しないコツの解説画像 4シーズン別解説

近年ずっと流行色の【ベージュ】

苦手意識を持つ人が意外と多い印象があるのですが、似合うベージュを見つけられたら新しい自分に出会えるはず。

色を纏い、普段着の自分をちょっとだけ彩る。

忙しい毎日だけど、普段着だけど、色やメイクの力で心がちょっとハッピー♡になる人が増えたら嬉しいです☺️

あなたに似合うベージュの見つけ方【4シーズン別解説】はこちらから

はね あさみ

明日からのメイクをもっと楽しく!
現役ヘアメイクアップアーティストが忙しいママの為にメイクとパーソナルカラーの楽しみ方を伝授しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします